メニュー

セクキャバ求人で月100万円を稼ぐことが目標になる。

4月 5, 2017 - 高収入求人

白いワンピースの女性
セクキャバ求人に応募して働き始めた頃は、1日6時間、週3日で働いていた私。時給6,000円だったので、この時点で月給に換算すると40万円以上。当時24歳だったことを考えると、同年代と比べてかなり稼いでいる方だと思う。でも私は、もっと稼ぐ必要があった。だから週3日だったところを週5日に変えた。

1日6時間、週5日に変える。

単純計算にはなるが、時給6,000円の場合、1日6時間、週5日入るとなると、月に720,000円稼げることになる。約40万円から約70万円に収入が増えたということだ。月20万円あれば、余裕で生活することができるから、残りの50万円は全部貯金にまわした。

このペースでしばらく働くことになる。1年働いて、貯金はおよそ600万円。人間頑張れば、2年も経たないうちに1,000万円の貯金はできるものなんだと知った。そして長くセクキャバを続けているうちに、私にも指名客というものが何人かできた。そういった指名料なども合わせると月100万円いくこともできた。

あの頃は、一時期お金を稼ぐということが、ある意味、趣味のようになっていた。1,000万円貯めるというよりは、毎月いくら稼げるかという方に考え方がシフトしていたのだ。1,000万円は、当然大金だから目の前の目標を立てたほうが頑張れたのもある。

そんな感じで、セクキャバで働き始めてから約2年。私の貯金は、1,000万円を超え、1,500万円近く貯めることができた。自分のお店を持つという点でいえば、もうじゅうぶんな額だったかもしれない。でも必ずしも店舗経営が上手くいく保証はない。私は、カフェ経営について学べる学校やバリスタの資格などを取得しようと考えた。

勤務日数を減らして、私は、学ぶことメインの生活にシフトしていった。学校がない時は、1日6時間。学校がある日は、学校が終わってからの数時間働いた。日数を減らした月もある。それでも貯金はじゅうぶんにできた。そんな感じで、しばらく働くよりも学ぶことに重きを置いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です